ウィルキンソンのジンジャーエール

最近始めようとしている企画の準備や、新学期ということもあり新しい生徒さんが増えてきたこと、そして花粉や黄砂の影響もあるのか喉を痛めてしまいました。

そんな時は喉に良いものを、ということで普段は生姜湯や、そのまま生姜を食べたりしていたのですが、今回は無性に飲みたくなってしまいウィルキンソンのジンジャーエールを購入してみました。久しぶりの加糖の炭酸飲料ですが、喉にビリビリくる感じで大分喉の通りも良くなったようです。ウィルキンソンのジンジャーエールは瓶も可愛いこともありつい手に取ってしまいます。

僕がジンジャーといえば思い出すのが、エリック•クラプトンも在籍していたバンド、クリームのドラマー、ジンジャー•ベイカーです。卓越したドラムテクニックで2010年のローリング•ストーンズ誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマーに置いて第9位になっているほどの人物です。でも僕がその名前を忘れない大きな理由はその名前自体にあります。ジンジャー•ベイカー、直訳すると生姜パン屋。ついこの名前を聞くと出来たてのパンを想像してしまい、お腹が減ります。偉大なドラマーなのにすいません。

同じような理由でタイガー•ウッズと言う名前を聞くと林虎さんという架空の、しかし恐らくは実在するであろう中華料理店主を思い浮かべてしまいます。実際に荻窪には虎林という中華料理屋もあります。(いつか店主がタイガー•ウッズから名前を頂いたのか聞いてみたい。)

ジンジャー•ベイカーがドラムスティックのかわりに延べ棒で小麦を捏ね、タイガー•ウッズがゴルフのドライバーのかわりに中華鍋を振るう世界があれば一度は行ってみたいかなあ。

lesson

人気の投稿