2014/04/30

2014/4/28(月)スターパインズカフェライブ"Acoustic Garage" 、無事終了しました!

2014/4/28(月)スターパインズカフェライブ"Acoustic Garage" 、無事終了しました! 今回は久しぶりのAcousphere Recordnの企画ライブでしたが、大盛況の内に終わった素敵なライブになりました。やはり仲間達と作り上げるイベントは対バンライブとは違い、大変なぶん喜びも大きいですね!

僕は今回のイベントの発起人としてギターの師匠のAcousphere奥沢さんとともにトップバッターで会場の温め役として演奏しました!ジャズ、ポップス、ファンクなど多岐に渡るジャンルの音楽を演奏しましたが、これまで練り上げてきたStayin' Aliveのアレンジ、ジャコパストリアスのHold Delayのテクニックを使ったアレンジが一つ完成した姿をお見せ出来、演奏する事が出来たので感慨深いライブになりました。まだまだ良くなって行くと思いますので、是非次のライブでもお見せ出来たらと思います。

2番目のandifferentさんは夫婦デュオならではの息の合った演奏、そして暖かい歌声で優しい雰囲気を作り出してくれました。思えばギターの池谷さんが倒れられて長い間音楽活動が出来なかった期間の苦しさや大変さを近くで見てきてました。そして長い時間掛け回復され、今や素晴らしい演奏をステージで披露できるまでになったのを見る事ができるのは感慨深いですね。

3番目はAerialの池田さんのソロギター。変則チューニングの独特な響きと、とつとつとしたしゃべり方が相まって圧倒的な世界観を作り出していましたね。最後に弾いたマイケルヘッジスのAerial Bounderiesは池田さんのアーティスト名の由来にもなった曲で、マイケルヘッジスに捧ぐ、素晴らしい演奏でした。不器用な池田さんの不器用な演奏でしたが、その不器用さが作り出す音楽が圧倒的に人の心に広がっていく様を会場の後ろから見る事ができました。池田さんのライブをサポートしたり、観客として長く見てきた中でのベストだったような気がします。

4番目は後輩のギターデュオSonascribe!Aerialとはうって変わってノリノリの演奏で会場も多いに湧いていました。ギターデュオでクイーンのDon't Stop Me Nowをやってしまう技術力とセンスが最高ですね。また今回からリードギターの林本くんがエフェクターのコーラスをギターにかけていましたが、それが上手くはまって、説得力のある演奏に繋がっていたと思います。いっしょに対バンをやる事の多い彼らですが、どんどん実力が上がっていて末恐ろしいですね。

トリをかざったのは先輩ギタリスト八田さんのボーカル&ギターデュオParanoaさん。久しぶりに2人の演奏を見たのですが、八田さんのリズム感と演奏能力の高さもさる事ながら、ボーカルの蘭さんの歌、そして皆さんをケアするMCに心打たれました。近年はライブの活動の多かったParanoaですが、そこで実力と安定感、そしてアーティストとしての説得力をつけてきたんだなあ、とライブ演奏をすることの大切さを教わりました。

最後はシークレットゲストでAcousphereの清水さんも飛び入りし、AcousphereでGo Go Girlの演奏!清水さんには僕のウクレレをお貸ししたのですが、バリバリ弾きこなす姿を見て、弘法筆を選ばずという言葉を思い出しました。圧倒的なスキルというのは素晴らしいですね。僕も頑張ろうと思わされる演奏でした。

計3時間ほどの長いライブだったのにも関わらず、ほとんどの方が最後まで聞いて行ってくれた素晴らしいライブでした。お越しいただいた皆さん、そしてスターパインズカフェの素晴らしいスタッフの方々、出演してくれたアーティストの皆さん、ありがとうございました!次回もよろしくお願いします!

lesson

人気の投稿