2016/03/18

情熱。

手弁当でもやる情熱は重要な気がします。
お金にならないけどそれが好きだから、どうにも止まらないからやってしまうことを情熱というのだと思います。

それは日々の仕事の中にも存在します。本当はもう完了している仕事なのに、締め切りギリギリまで見直して少しでも良くならないかと改善点を探す。
それはもはや仕事というより執念や性癖に近いものを感じます。

音楽もそうで、腕の上手、下手に関わらず、自分自身全力を尽くしたかどうかが価値基準になってきます。(全力を出したからといって褒めらるわけじゃないけど。)
でも毎回全力を出すのは難しいし、ましてや他人にその価値観を押し付けるのは間違っている気がします。
それに年齢を重ねていくと、手弁当ではやれない事情(家族、家のローン、将来の不安)などが重なってきて、身動きが取れなくなってきます。

僕自身振り返ってみると、まだ情熱だけで動ける身軽さであり、そのことに有り難みを感じています。音楽をよくするためだけに時間や労力を浪費できる立ち位置にいます。
その環境に感謝しつつ、情熱を持っていろいろなことに取り組んでいきたいですね。
そして、その情熱を共有出来る仲間を増やしたいなあ。

lesson

人気の投稿