2011/04/20

ディミニッシュセブンス(Diminish7th)のコードトーンを覚えよう!


今回はディミニッシュセブンス(Diminish7th)のコードトーン、およびそのポジションを説明します。アドリブを弾く時や、コードを弾いているときでもポジションが見えやすくなるので便利です!



ディミニッシュセブンス(Dimnish7th)は特殊なコードで、短3度の音程の集積がコードになっています。音のインターバルがどれも等しいのでどの音もルートとなりえます。



ディミニッシュセブンス(Dimnish7th)に使われている音

メジャーセブンス(Major7th)はRoot、♭3度、♭5度、そして♭♭7度(6度)の4つの音から出来ています。下記のコードトーン表上ではR、3、5、7と便宜上表示していますが、実際はRoot、♭3、♭5、♭♭7となっています。注意してください。



上記の表は6弦ルートのインポジションを想定して書かれているディミニッシュのコードトーンですが、前述した通りどこの音からでもルートになりえます。ギターは形で覚えられるので、ずっと同じインターバルのデミニッシュは弾きやすいと思います。





こちらはフレットを上に駆け上がっていくようなフィンガリングのディミニッシュのコードトーンです。ディミニッシュは短3度上にフレットを上げても同じ指の形で弾けますので、いろいろなフィンガリングを試してください!





[関連記事]
マイナーセブンス♭5(minor7th♭5)のコードトーン
メジャーセブンス(Major7th)のコードトーン
マイナーセブンス(Minor7th)のコードトーン
コードの構造

lesson

人気の投稿