武蔵野市の喫茶店"くすの樹"に行ってきました!

スタジオの備品を買いに出かける帰りに、武蔵野市の"くすの樹"という喫茶店にお邪魔しました。

敷地内には広い駐車スペースがあり、その脇に樹齢200年を超える恐らくお店の名前の由来になった楠(クスノキ)が、大きくそびえ立っていました。

人一人の腕ではとても回りきらない太い幹と、大きく見上げないと視界に入りきらない全長は200年という歳月を経た証ですね。

ご神木という言葉もあるように、これほどの巨体を見ると畏怖の念を抱きます。小説「火天の城」で5重の天守閣を持つ安土城を作るために必要な長さを持った木がなく、わざわざ周囲の反対を押し切ってご神木を切り、それを近江国に運ぶために人が命を失うというエピソードがありましたが、その昔は実用的な面でもこういった大きな樹木は価値があったんですね。

スタジオでもこんな大きな木々に囲まれて木陰の中で仕事したいですが、今から植えてもこの楠ほどの大きさになるのは200年先。となるといったい何代先にその環境が出来上がるのやら、と思いますが将来の事を考えて出来る事は今のうちにしておきたいですね!

lesson

人気の投稿