2013/11/04

アロマキャンドル

生徒さんから頂いたアロマキャンドルを囲いながらギタースクールの先生たちと話をしています。こういった火は何故だか時間を忘れて眺めてしまいます。小学校時代の焼き芋の焚き火だったり、暖炉の火の中で炭が割れて行く様を眺めていると心が落ち着きます。さすがに都内では焚き火などはできないためかiPadのアプリでもろうそくの火をただただ眺めるものもありますね。

画家の高島野十郎さんもろうそくの炎に魅入られた一人なのか、何点もろうそくの絵を書き、それを「気に入らなければ焚き付けに」と、菓子折り代わりに配っていたそうです。

音楽でもそういった気軽さで、きちんと作り込んだものを手渡しできたら良いなあ、と思います。たぶん生演奏になるんでしょうが、毎回楽器持ち歩いているわけでもないですしね。何か良い案ないかなあ。

lesson

人気の投稿