2012/04/17

iPadでローリング・ストーンズのギターリフを弾いてみる!

今回はGarageband for iPadでThe Rolling Stonesの(I Can't Get No) Satisfactionのギターリフを弾いてみたいと思います!

1965年にリリースされたローリング・ストーンズのヒットナンバー、(I Can't Get No) Satisfaction。そこで使われているリフはBest Guitar RiffのTop10にもたびたび入る単純で力強いギターリフです。iPadのSmart Guitarを使ってどれくらい再現できるか試して見ました。






この曲のイントロはまずキース・リチャーズのギターリフから入り、ベース、ドラム、そして3連のタンバリンという順で入ってくるシンプルな構成になっています。

まずはバックトラックを作るためにドラム、ベース、そしてタンバリンパートを打ち込みます。


バックトラックの全てが完成しました。手打ちですがクオンタイズをかけて打ち込んだのでリズムはかっちりはまっています。


それではSmart Guitarを開いて演奏してみましょう。音はディストーションのかかった音にしたいのでHard Rockを選びました。また単音で弾きたいので右上のスイッチをNOTEにしています。NOTEに変更するとギターのスタンダードチューニングになりますので、通常のギターを弾くようにiPadを演奏する事が出来ます。このリフを実際のギターで試したい方も下記の動画の指使いで弾けますのでそちらも試してみてください。



実際に演奏してみました。5分もあれば簡単にリフを再現出来るので楽しいですね。また手元にギターが無い出先でも実際に音を出して確かめる事ができるのでGaragebandとiPadの組み合わせはかなりオススメです!


[Information]
AcoSoundOrgによるギターレッスンを東京荻窪で開講中!
ウクレレレッスンもやっています!

lesson

人気の投稿