2013/09/09

ブルースブラザーズのやりすぎなカーチェイスシーン

夏の疲れが出た事もあり、昨日はゆっくり映画でも見ようという事で、iPadで「ブルースブラザーズ」をレンタルしたのですが、小難しい事無しのまさに直球のエンターテイメント映画でした!

ジェームス・ブラウンやレイ・チャールズ、アレサ・フランクリンなどの錚々たる面子のアーティストたち、そして腕利きのミュージシャンを集めたミュージカルシーン(ブッカーT&MG'sのスティーブ・クロッパーとドナルド・ダック・ダン。僕の中でずっとアル・マッケイだと思っていたギタリスト、マット・ギター・マーフィーなど)、レイア姫やスピルバーグやツィギーなどもちょい役で出演する豪華な映画の中で、僕が笑ってしまってしょうがなかったのが、カーチェイスのシーンです。

ただやりたかっただけだろう、というような豪華すぎるカーチェイスシーン。実際の車を走らせて本当に横転させたり激突させたりしているのでしょうが、その壊れる車の数が尋常じゃありません。世界で1番車が壊れた映画なんじゃないかと思わされるぐらいとんでもないです。4、5台ぶつかれば十分すぎるのに、さらにそこから何台も何台もぶつかっていきます。そんなシーンが延々繰り広げられるのですが、もう十分だろう、と思った所から5分から10分以上見させられるので、ついつい笑ってしまいます。そのカーチェイスシーンを見るだけでも十分元は取れると思います。

勿論見所はそこだけでなく、ブルースの大御所やソウルの立役者など豪華アーティストをそろえたミュージカルシーンなどは相当にかっこいいです。これまでブルースやソウルなどのルーツミュージックは聴いてこなかったけれど、やはりかっこいいですね!ちょっとやってみようかな。

lesson

人気の投稿