2017/07/07

New Single “Under The Jamaican Moon” 配信開始!

Acoustic Sound Organizationの新しいシングル“Under The Jamaican Moon” が配信開始されました!
iTunes、apple musicなど主要サイトで配信されましたので、ぜひお聴きください!

今回の曲はリゾートミュージックをコンセプトに、ジャマイカでの恋と、その別れを歌ったニック・デカロの名曲をカバーしました。
アダルト・オリエンテッド・ロック(AOR)の先駆けとなったジャジーでメロウな曲です。
暑い夏の夜にぴったりの楽曲になったと思います。

リゾートで出会った女性との行きずりの恋、そして別れ。などのかなり大人な内容の歌詞と曲のムードです。
こういった楽曲は僕自身やってこなかったですし、ウクレレはどちらかというと明るく楽しい、といったイメージの強い楽器ですので、 こういった正反対の曲をやってみるのは良いチャレンジになりました。
これを機にショーン・コネリーのような大人のダンディな男を目指していきたいです。(無理か。)

今回は制作方法もいつもと違い、ギタリストの出葉広貴くんを迎え、2人体制で作っていきました。
自分自身この楽曲のメロディを弾いて、どうもソフトな雰囲気が出てしまったので、出葉くんにメロディを担当してもらい、 Godinのソリッドウクレレで硬質感を出してもらいました。またベースも担当してもらっています。ベースの低音が入ると曲がぐっと締まります。

僕はバッキングとオブリガードのウクレレ2本。コンガとシェイカーを担当して、期せずしてウクレレトリオのアレンジになりました。
特にこだわったのはオブリガード(左チャンネルのウクレレ)で、原曲ではR&BやジャズギターのDavid T. Walkerが担当しているパートです。そういえばウクレレでR&B的プレイを聞いたことがないなあ、と思い、もしDavid T. Walkerがウクレレを弾いたならどうなるだろう、とオブリガードラインを作りました。
ぜひ注目して聴いてみてください!

 視聴先 : iTunes

lesson

人気の投稿