ウクレレでイズントシーラブリー(Isn't She Lovely)を弾こう!(動画付)


今回はウクレレでIsn't She Lovely(可愛いアイシャ)を弾いてみましょう!動画の演奏にあわせていっしょに練習してみてください!





Isn't She Lovely(可愛いアイシャ)はスティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)が自分の初めての娘アイシャを想って書かれた曲です。娘の誕生の喜びをそのまま歌詞にして歌われるこの曲はジャズミュージシャンにも取り上げられ、ジャズスタンダードとしても定着しています。今回はそんな曲をウクレレでファンキーにカッティングしてアレンジしてみました。上記の動画を見ながら、いっしょに演奏してみてください。

右手のストロークのパターンですが、アップダウンの繰り返し(オルタネイトピッキング)でリズムをキープしてください。左の譜面の()で括られている2つ目と3つ目の音は指を弦に当てずに空中でピッキングしてください。この弦に当てずにストロークする方法を空ピッキングと言います。

空ピッキングをすると右手の動きは常に一定になるのでリズムが崩れにくいという利点があります。ぜひマスターしてください。

また譜面で×印がついている所は、ミュートしてストロークする箇所になります。右手のストロークは弦にあてますが、左手は音が出ないように弦に指を軽く触れている状態にします。この状態でストロークすると音程のない「チャッ」という音が出ます。このミュート音がゴーストノートといって、リズムよく弾けたり、グルヴィーに弾けるテクニックになっています。

オルタネイトピッキングと空ピッキング、そしてゴーストノートを巧く使うとウクレレ1本でまるでファンクドラムのようなファンキーなグルーヴを作り出せるようになるので練習してみてください!

[関連記事]
ウクレレでLet it beを弾こう!(動画付き)
ウクレレでStand By Meを弾こう!
ウクレレでSomewhere Over The Rainbow(オーバー・ザ・レインボー)を弾こう!(動画付き)
ウクレレを簡単なポジションで弾こう!
Ibanezのウクレレ、UEW30RWEを購入してみた!


[Information]
AcoSoundOrgによるウクレレレッスンを東京荻窪で開講中!






lesson

人気の投稿