2016/09/27

手を出さない

ギターの生徒さんにレコーディング方法を教えています。
最近は機材も安価になり、誰しもが宅録をできる時代になりました。
iPhoneで録音アプリを動かせるなんて、考えもしなかったですね。

レコーディングにはMacのLogicというソフトを使っています。
生徒さんにはレッスンで、実際に機材に触ってもらいます。
実際のレコーディング作業を見てもらうと「そこからパンチインして」なんて言ってついつい自分で手を出してしまいますが、 最初に生徒さんに録音の方法を説明したら、なるべく手を出さないで待ってみます。
そうすると生徒さん自身が考えて、しっかり正しい手順を導き出します。
間違えた時には、一旦止めて、正しい方法を教えてあげます。

すぐに手を出さず、 生徒さんに考えさせる。
そして実際に試せる環境を与える。
当たり前のことですが、レッスンではずっと教え続けるために喋りすぎてしまうので、 生徒さんが考える時間を作らないといけないですね。

生徒さんに教える方法論は、 自分自身に教える(セルフティーチング)ことにも参考になるので、まだまだ考えていきたいですね。

Live情報
2016年10月11日(火)吉祥寺スターパインズカフェ「Acousphere with Friends」ライブ開催!
詳しくはこちら!

lesson

人気の投稿