ギタリストの外園武彦さんと談笑

ギタリストの外園武彦さんと談笑。

外園さんのレッスン中に聞こえるギターの音色を聞くと、 いつも凄いなあ、と感心させられます。
それは一人で音楽が成り立っているからです。

ギターの伴奏を爪弾いているだけなのですが、それだけで他の楽器隊の音、 特に打楽器やパーカッションが立ち上がってくる。
その上、音色にも丁寧に気が配られて、今にもメロディが聞こえてきそう。
つよくて、やさしい演奏だなあ、といつも思わされます。

おそらく同じ演奏、同じ道程を練習やライブで何度も通って、 さらに細部にこだわっていくことで、生まれてきたつよさなんでしょうね。

つよさがないと、人はやさしくなれない、と僕は思っています。
やさしい人はつよさがある。

そんな話を外園さんにしていると、 「麻生くんの方が一人で成り立っていますよ。」と返されました。
「僕は伴奏だけですから。」
いやあ、謙虚だなあ。

lesson

人気の投稿