2016/09/15

話しながら調子が良くなる

先日から疲れが取れない。
季節の変わり目、夏のイベントの疲れ、などなど色々理由はありそうですが、とにかくなかなか疲れが抜けません。もう数週間うだうだしています。ちょっと前に風邪をひいてしまい、喉がやられて声が出なくなってしまったので、その辺りから調子が下がってしまったようです。

どうにか疲れを取ろうと睡眠を増やしたり、お風呂に長く浸かったり、映画を見たり、読書したり、ドライブしたり、色々試すけどなかなかうまくいきません。
そんな悪い調子で、さらに喉もやられていたので、口数が少なくなっていました。不思議なもので口数が少なくなると、仕事もうまく進みません。次にするべきことをうまく考えられないようです。

そこでよくよく考えてみると、どうやら僕は喋りながら物事を考えているようです。考える前に喋って、喋りながら考える。話を聴く側にとってははた迷惑ですが、そうしていると考えがまとまって調子が良くなっていくようです。
沈思黙考型ではないんですね。
喉の痛みも治まってきたので、喋るようにしたらだんだん調子が良くなってきました。そういえば行動もそうですね。動きながら考えたほうが僕にとっては良い結果を生むことが多いような気がします。
考えてから行動する知略タイプと行動しながら考える武将タイプ。皆さんはどちらですかね?

ちなみに疲れを取るためにやったことで、今回効果が出たのは、早起きすること、歩くこと、ユンケル黄帝液の顆粒タイプを飲むことでした。

Live情報
2016年10月11日(火)吉祥寺スターパインズカフェ「Acousphere with Friends」ライブ開催!
詳しくはこちら!

lesson

人気の投稿