2011/06/11

Tats Yaのライブを見てきた!

本日は武蔵中原のcoffee spot LifeでAcousphere RecordsのTats Ya、露木達也(Gt)と阿部恭平(Bass)のジャズボサノヴァライブを見てきました。



アットホームな雰囲気の店内の中、ゆるやかにライブが始まります。

今回はジャズボサノヴァの曲からのライブで、まずはJobimの曲からWave、Meditation、Black Orpheusとボサノヴァのナンバーが続きます。

ナイロンギターとウッドベースとアコースティックな響きが心地よく、カフェのアットホームな雰囲気によく合います。

そしてJazzのスタンダード、Days of Wine and Roses、Prelude to a Kiss。ギターとベースだけの空間を上手く使ったインタープレイが素晴らしいです。後半のセットではソロあり、歌ものありでおもわず声を出しちゃうくらい熱くなっていました!

露木達也さんのプレイはテクニックは勿論の事、歌心あるソロで素晴らしかったです。やっぱり良いミュージシャンはテーマをきっちり歌わせますね。プレイヤーとしてはついつい熱くなってしまい、すぐにでもギターを触りたくなってしまうような良いライブでした!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------


最近オーダーメードしたギターだそうです。美しいですね!弾き心地やセッティング、演奏時のアプローチなども今度聞いてみたいです。













lesson

人気の投稿