2016/10/03

ギターレッスン動画の作成のために、レコーディングを始めました !

ギターレッスン動画の作成のために、レコーディングを始めました。
今回はゆずの夏色のレッスン動画を作ろうということで、バッキングパートから録音開始。
レッスンを始めたい生徒さんにも見学してもらいます。

ゆずの夏色といえば、アコースティックギターの16ビートストロークが気持ちの良い楽曲ですが、実際にコピーしてみると、そのストロークプレイの巧さに驚かされますね。
ストロークのキモはグルーヴよく演奏することですが、それは「いつコードから手を離し、いつコードを押さえるのか」を自覚的に選択することだと思います。
ギター演奏はストロークに始まり、ストロークに終わる大事なスキルですので、しっかり覚えていきたいですね。

使用したギターはテイラーのアコースティックギター。それをマイクで録るか、ラインで撮るかを迷いましたが、今回は住宅街のノイズ事情もあり、安定して取れるライン録音にしました。オーバーダブで良いテイクをつなぎ合わせ、取っていくのですが、完成したところで、低音成分と原曲のタンバリンのビートが欲しくなり、カホンとシェイカーをオーバーダブしました。
もちろんコンピューターに打ち込み用の音源は入っているのですが、アコースティックな楽曲には生楽器の音が合いますね。
打楽器のオーバーダブの最中にマイクのノイズが発生しましたが、帯電ノイズだと判断し、マイクスタンドからアースを落とすことにより解決しました。

上記のこと、そしてそれ以上のことを無意識に判断して、やれるようになったのは自分がそう言った現場を何度も見て、自分自身で実践してきたおかげです。
まずはともかく現場にいる。そして人の仕事を見て学ぶ。
そうすれば自分でも必ず出来るはずですね!

Live情報
2016年10月11日(火)吉祥寺スターパインズカフェ「Acousphere with Friends」ライブ開催!
詳しくはこちら!

lesson

人気の投稿