2014/10/10

ウクレレをオーダーしよう!

これまでウクレレレッスンの生徒さんに数多くのウクレレをオススメしてきました。
今回も一人の生徒さんが新しいウクレレを購入するという事なので、色々オススメを考えているのですが、楽しい作業ですね!
僕がこれまでオススメしてきたウクレレの中でも突出した出来だなあ、と思うのはDan Ratliffのウクレレ、戸田ギターのウクレレ、そしてTruthのウクレレです。

上記映像でも使っている僕のメインのウクレレDan Ratliff。こちらはトップ板が厚く、深い音がします。僕のような生音をモニターするのではなくアンプリファイする事を前提にしたプレイヤーにお勧めですね。
また木工の技術や加工、そしてデザインが素晴らしく、カッタウェイのアールの付き方は世界を見渡しても1番ではないのかと思えるほどです。しかし市場に出回ってなく、オーダーをかけても1年以上かかることもあるので、気長に待てる人専用ですね。
またRatliffさんは新しいことにもどんどん挑戦する方なので、僕らのようなプレイヤー思考のアイデアも貪欲に取り入れてくれるところが有難いです。

戸田ギターのウクレレはかなりの数の生徒さんに進めてきましたが、木工精度とプレイヤー志向の考え方が反映されたデザインがすばらしく、演奏家向きのウクレレと言えます。
特に上記動画で使われているAlienというモデルの、弦のテンションをかせぐために角度のついたヘッドはSadowskyを思わせ、右手が入りやすいように面取りされたボディ、左手のハイフレットを弾きやすくする加工はTaku Sakashitaさんのギターを想起させます。
上の映像で音が聞けますが、戸田さんはギター製作家でもあるので楽器のクオリティが高く、ハワイの海というよりは深い森をイメージさせる音がします。生徒さんに薦めすぎているせいで、欲しいモデルを自分では手に入れることが出来ないのが悲しい所です。いつかオーダーするぞ!

最後にTruth。こちらは女性が好みそうなルックスでチューリップを思わせるカッタウェイが素敵ですね。トップ板が薄く、マイクを通した時の張りのある女性的な音が美しいです。 上記の動画で生徒さんの演奏を映像に撮った際に、その音色に驚かされました。
海をイメージさせる音ですので、今回あげた3組のルシアーさんの中では1番ウクレレらしい音ですね。
今回の生徒さんはTruthがお気に入りのようなので、これまでの演奏経験からくるアイデアなどを出しながら、弾きやすいウクレレをオーダーできると良いなあ!

lesson

人気の投稿