説得力のあるギターサウンド

先日、Acousphere清水さんと外園健彦さんの映像撮影のお手伝いをしました。
清水さんは3年ごしのオーダーメイドのギターを手に入れ、外園さんも新しいギターで暖かいサウンドで演奏しており、二人とも素晴らしい音でした。
演奏は上記動画で聴けるので是非聞いてみてください!

撮影が終わった後に清水さんのギターについて伺ったのですが、様々なアイデアのつまった恐ろしいギターで、その手間とアイデアを考えると、よくルシアーさんも作ってくれたな、という印象でした。 しかしその甲斐(それ以上)あり、音はオーディオインターフェース直だったのにもかかわらず、ニーヴのマイクプリを通したかのように太く、なおかつライン取りなのに胴鳴り感も乗っていて、僕の中では今まで聞いてきたガット弦タイプのギターではダントツに一番良い音でした。

もちろん演奏者の腕もあるのですが、あのギターのサウンドは1音で持っていかれますね。
やはり出音は一番大事。
次のライブやレコーディングのために僕のギターやウクレレをどうするか考えないとなあ。
さすがに新しい楽器を買うのは無理にしても、間のマイクプリやDI、使うシールドやギターの弦、セッティングの変化で今持っているベストの音を出せるようにしたいです!

Live情報
2016年10月11日(火)吉祥寺スターパインズカフェ「Acousphere with Friends」ライブ開催!
詳しくはこちら!

lesson

人気の投稿